人気ブログランキング |

GALLERY MOONO

moono.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

消えていく道の先

b0314158_23275863.jpg
























春になりそうなので今のうちに雪景色をと慌ててアップ。

真っ白な景色の先に路は消えていきます。

どこへ続いているか全く見えません。

この道は知っている道だからどこへ続いているかは

分かります。

でも本当にそこへ続いていくのか・・・・・・。

信じるしかないのでしょうね。

進んでいくためには。


by mooono | 2015-02-28 23:28 | 心と体
2015年 02月 28日

まっすぐ空へ

b0314158_07411525.jpg














































昨日、50歳を迎えました。
ここまで来れたのも沢山の人のおかげですね。

ほんとにありがとうございます。

自分がこうして生きて七転八倒出来てることが
とってもありがたい。
神戸の震災でも生かしてもらいました。

50年って半世紀でそれなりに長い時間のまとまり。
しっかり振り返ることが出来ます。
でもうちのばあさんは104歳まで長生きしたので
それと比べるとまだ半分以下なんです。
最近、小っちゃい私はあとどれくらいと
考えることが多くなってたのですが
それこそちっちゃいですね。

あと50年は生きてやると考えることにします。
もう半世紀ですね。

まだまだやること沢山あるので
日々感謝でこれからも!





by mooono | 2015-02-28 07:56 | FROM MY WINDOW 
2015年 02月 25日

照り返す夕日ときりん達

b0314158_23113931.jpg



















ぎらつくように沈む夕日と群れなすきりんに

なんか心を刺されるような思いがしました。

いつもは夕日、それも強い夕日の光は

気持ちを穏やかにしてくれるのですが

胸騒ぎでもない何か釈然としない何か・・・・。

いらつきでもあり、意気込みでもあり

気負いでもあり、

これから起こりうるだろうことに対しての

多少、鼻息の荒い状況が

そんな気持ちにさせているんでしょうか?


ちょっと落ち着けと自分に言い聞かせましたが

鼻息は荒いままで・・・・。


まあ、いいか。


by mooono | 2015-02-25 23:13 | FROM MY WINDOW 
2015年 02月 22日

Memory of my grandfather's camera  27 原っぱにて

b0314158_06403756.jpg






















これはきっと六甲山牧場あたり。
戦前戦中と満州と日本を行ったり来たりしていたジイさんなので
あるいは大陸の風景かもしれない。

この写真もジイさんが感じた光と風と草のにおいを
容易に想像できる。

ただ、その時、何を考えていたのかについては
いろいろと思いが広がる。

今の私と同じく息子のことを考えていたかもしれないし
亡くなった娘のことかもしれない。
それともただ無心に光を感じていたかもしれない。

いずれにしてもこの一枚を手にしているとき
私は亡くなったジイさんや父と話している。

だいたいいつも相談している。
自分の選んだ道は正しいのか?と。


by mooono | 2015-02-22 06:41 | 祖父の撮った写真たち
2015年 02月 21日

地下鉄の駅で

b0314158_21314192.jpg

























どこの地下鉄もそうかもしれないが
特に大阪の地下鉄にはどこか近未来的な雰囲気があり
そのくせ泥臭いローカルな空気も満ちている。

ふと電車を待つ間に見上げると
妙に見とれてしまう形態を見つけることも多い。
ただ機能的なものが並んでる場合が多いのだけれど。

リズミカルでありながら静かに
存在している。

あんまり見とれていると
こっちが熱くなってしまって・・・・。

駅は楽しい。
時間さえあれば一日中眺めていられる。

私は。



by mooono | 2015-02-21 21:32 | IN EVERYDAY LIFE
2015年 02月 21日

木蓮の蕾

b0314158_07533784.jpg




















寒さがまだ強烈に存在感を誇示している中
静かに春への準備は進んでいました。
桜の前の花と検索すると出てくる木蓮。
蕾はすでに膨らみ恐らくいきなり
春の訪れを告げるのでしょう。

我が家も世間とは全く違うリズムですが
それなりに新たな生活を始める節目として
春への準備を進めています。

しかも今年は恐らく我が家はとても大きな節目を迎える予定です。
いろんなことも重なり、期待と不安と入り混じってはいますが
こうして毎年春が訪れることを信じて常に気持は前向き。

去年の春に亡くなった友人が生前に
先が見えず落ち込む私をさりげなく
“なんくるないさ”と励ましてくれたことを思い出し
毎日を大事にしようと思いました。


by mooono | 2015-02-21 07:55 | IN EVERYDAY LIFE
2015年 02月 20日

ハムスターのとも君

b0314158_22560273.jpg




















次男の小学校のクラスで飼っているハムスターのとも君が
亡くなったそうだ。
ハムスターの寿命が1年から2年、3年も生きていたら長寿ということを
私はつい最近まで知らなかった。

とも君は学校に行けないでいる次男のところに
今まで3度ほど週末だけやってきてくれた。
友達とも遊ぶ機会の少なくなった次男にとって
彼が来てくれた日は素適な日になった。
3歳のご高齢なのでほとんどじっとしているのだけれど
居てくれるだけで息子は嬉しかったようだ。

そしてこの正月から我が家には生まれて間もない
ハムスターがやってきた。それがチロ。
起きてる間はとも君と違って動きまわっている。
いまはチロが次男の大事な友達。

でもとも君のことは絶対忘れないだろう。
綿を自分の周りにかき集めて
顔しか見せないことがほとんどだったけれど・・・・。


by mooono | 2015-02-20 22:56 | IN EVERYDAY LIFE
2015年 02月 18日

REFRECTION 

b0314158_22435484.jpg















b0314158_22414747.jpg























16年続いた喫茶店が去年の暮れに店じまい。
がらんと空いた店のガラスの壁に移り込む街。

店やってるときはシェードもあり中の明かりもあり・・・。
もちろんお店のお客さんがコーヒーを飲んで
新聞を読んでパスタを食べている姿が
こんな映り込む街の姿なんてかき消していた。

早く次の店はいんないかなあ。

前の店のことはさみしいのですが・・・・・。


by mooono | 2015-02-18 22:46 | MY HOME TOWN
2015年 02月 17日

天満橋の木の壁

b0314158_22043989.jpg




























ほんの少し、あたたかくなったかなあ・・・と
今日は思ってしまいましたが
冬はまだまだのようです。

乾いた木の壁には夏には葉もつたっていたのですが
今はただ板の目地が横に走るだけ。

この壁もこれから少しずつ、水分を蓄え
また春には少し生き生きとしてくれるのでしょうか?




by mooono | 2015-02-17 22:05 | IN EVERYDAY LIFE
2015年 02月 16日

冬枯れた景色

b0314158_22105511.jpg


























雪景色よりも

葉のない枝がむき出しになった姿の方が

冬の寒さを感じる。

こんな枯れた景色の中を

こうしてみな一人っきりで

歩いているのだろうか。

それは違う。

ほんとは周りには

沢山の人と触れ合う機会があるはずなのに


お互いに分かりあうのは難しいからと

住むところも分けましょうなんて・・・・。


さみしいオバサンのことばだなあ。


by mooono | 2015-02-16 22:11 | IN EVERYDAY LIFE